Fandom


新機能編集

ライバル・プレイ編集

レベル25以上で利用可能になる新機能。クイックプレイ以上に真剣勝負をしたいプレイヤー向けに設計されたモードで、戦略やスキルを磨くことができます。このモードではプレイヤー全員にゲームシステムやマップ、ヒーローに対する理解が必要とされるため、レベル25まで機能がロックされています。

スキルレーティングを明らかにするために、全てのプレイヤーはまず10回のプレースメントマッチを行なう必要があります。スキルレーティングは1〜100に分かれていて、数字が大きいほどスキルが高いことを表しています。スキルレーティングはマッチ開始時に見ることができ、試合の勝敗やプレイヤーのパフォーマンス、他のプレイヤーのスキルレーティングなど考慮して、レートは増減します。

試合でのパフォーマンスによってスプレー、プレイヤーアイコン、コンペティティブポイントが与えられます。 コンペティティブポイントは貯めることで、ゴールデン武器と交換が可能です。

ライバル・プレイは2.5ヶ月×4回のシーズンからなり、シーズン中に上げたスキルレーティングは、シーズン終了後にリセットされます。2週間のオフシーズンを経てから、新たなシーズンがスタートされます。

その他にも、ライバル・プレイに向けて試合フォーマットへ複数の変更を適用しています。一部は単純なインターフェースの変更とですが、他にもマップやモードが一方的にならないようにする変更も含まれています。さらに、タイになったゲームがフェアに終了するようにサドンデスの新たなメカニズムも追加しました。

ライバル・プレイは真剣勝負なので、我々はプレイヤーの行動が「容認できるものかどうか」を更に注視します。つまり、ペナルティーは通常のクイックプレイやウィークリーバトルよりも厳しいものになります。試合を途中で退出したり放置すると、試合が終わるまでは他の試合に参加することはできず、その行為を続けるとライバル・プレイへの参加が制限されたり、参加自体が禁止になる場合もあります。

全般編集

ゲームパッド編集

  • 左右のスティックの入れ替えが可能になった。
  • “Legacy”コントロールのオプションを追加。
    • 前後の移動:左スティックの上下
    • 左右の移動:左スティックの左右
    • エイムの上下(上下の入れ替え可):右スティックの上下
    • 左右のエイム:右スティックの左右
    • 左右のスティックの入れ替えも可能。
  • デッドゾーンの操作を改善。スティック中心以外や斜めの動きにおける精度を向上。
  • エイムアシストの強度を調整できるオプションを追加。(デフォルトは最大)
  • ユーザーインターフェースの表示領域を設定可能に。(オプション→ビデオ→ディスプレイ領域)

その他編集

  • ヒーローギャラリーにセクション「武器」を追加
  • 対AIトレーニングやプレイヤー対AI、カスタムゲームへ、AIヒーローとしてマクリーを追加
  • 「このプレイヤーを回避」機能を無効化し、ゲームUIからオプションを削除

ヒーローのバランス変更編集

マクリー編集

  • ファニングショット
    威力が70から45に減少
    リロード開始までの時間が0.75秒から0.3秒に減少

ウィドウメイカー編集

  • 胴撃ちのダメージが150から120に変更
    ただし、ヘッドショットダメージの倍率も修正されたのでヘッドショット時のダメージは300のまま
  • スナイパーモードからもう一度スナイパーモードにするにはその前のモーションが終わるまで待たなければならなくなった。(連打して周囲を警戒するアクションがとれなくなった)

バグ修正編集

全般編集

  • グループでの退出を妨げるバグを修正
  • クロスヘアーで85度と90度の間でエイムしている時に、武器が自動で上下に素早く動いてしまうバグを修正
  • 途中参加した試合の終了時に、Career Profileに敗北としてカウントされる場合があり、途中参加のXPボーナスを獲得できていなかったバグを修正
  • プレイヤーを逆方向にノックバックさせていたバグを修正
  • ハースストーンをテーマにしたスプレーに翻訳が適応されていなかったバグを修正
  • ヒーロー選択メニューを回している際に起こるフレームレートの問題を修正
  • アンビエントライティングに関する複数の修正と改善
  • 他のAIに対するAIの反応を改善
  • 様々なパフォーマンスの最適化と改善

マップ編集

  • Iliosのプレイエリア外にいるプレイヤーの蘇生はできないようになった
  • Doradoの特定のエリアで、射線を妨げていなかった衝突検出問題を修正

ヒーロー編集

参考リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。